北海道ドライブ

2005年8月7日〜15日

 妻の実家で葬儀があり出かけました。もう、何度も来ていますが、旭川空港でレンタカーを借り、名寄で数日を過ごし、その後、稚内、オフォーツク海岸、襟裳岬、富良野などを回ってきました。

大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック

 訪問ルートです。大きな赤丸が宿泊したところ、小さな赤○は観光した場所です。



観光内容 宿泊地
1日目 旭川空港でレンタカーを借り名寄へ 名寄
2日目 近くのひまわり畑散策 名寄
3日目 葬儀に出席 名寄
4日目 北海道北端から東岸を南下し鬼志別で宿泊 鬼志別
5日目 猿払村から紋別市内のオホークツパレスへ 紋別
6日目 紋別市から帯広市の帯広東急インへ 帯広
7日目 帯広から襟裳岬へ 襟裳岬
8日目 襟裳岬から富良野へ 富良野
9日目 富良野から旭川空港へ行き、羽田経由自宅へ


    
1日目 旭川空港でレンタカーを借り名寄へ


 姉たちとは別のレンタカーで来たのでここでいったん合流です。



      
2日目 近くのひまわり畑散策

 名寄の近くでひまわり祭りがあり、宣伝のポスターが町の各所に張られていたので行ってみました。まだ、満開には10日ほど早かったようです。


       
3日目 葬儀に出席

        
4日目 北海道北端から東岸を南下し鬼志別で宿泊

 名寄から北上し、サロベツ原野を通り、ノシャップ岬から北海道最北端の宗谷岬に行ってみました。
 その後、少し南下し鬼志別で宿泊です。


サロベツ原野

 



ノシャップ岬


 



宗谷岬

 まさに日本の最北端の地です。択捉島の北端とほぼ同じ緯度にあります。
 

 宗谷岬を散策後、今夜の宿泊地、猿払村に向かいました。
 宿での夕食、朝食とも主な食べ物はホタテ貝でした。



      
5日目 猿払村から紋別市内のオホークツパレスへ

 オホークツ海側を南下し今夜の宿泊地、紋別市に向いました。



 猿払村には、、昔鉄道路線が走っていたようです。現在は鬼志別バスターミナルになっています。
 



猿払村役場

 村を見学してみました。非常に立派な役場がありました。



  幹線道路から脇に入り、海岸にそってクッチャロ湖に向かって南下すると一面のお花畑が続きます。北海道でも寒い地区なのでしょうか、また、海岸に近いためかもしれませんが畑には適していないようです。



クッチャロ湖

 



千畳岩

 枝幸町のすこし北側にあります。

 

道の駅おこっぺ
 



コムケ湖

 さらに南下すると小さな湖、コムケ湖が現れます。



サロマ湖

 さらに南下すると大きな湖、サロマ湖が現れました。
 ここで今夜の宿、紋別市のホテルオホークツパレスに向かいました。


 その後、紋別市内のオホークツパレスに向かいました。


         
6日目 紋別市から帯広市の帯広東急インへ

 紋別市から帯広までを国道273号線が結んでいます。
 途中、銀泉台展望台に上ってみました。また、国道を離れ識別湖を見学後帯広に向いました。



ホテルオホークツパレス

 ホテルから紋別市の海側を見た風景です。
 立派な漁港が見えます。



層雲峡

 国道273号線が紋別市と帯広市を結んでいます。途中層雲峡を通ります。何度も通ったことのある独特な風景です。

     

銀仙台

 国道273号線から別れ、山岳道路を登って行くと展望台に到着です。

 



三国峠

 国道273号線は紋別市と帯広市を結んでいますが三国峠を通ります。ここで一休みです。



然別湖

 国道273号線から別れ山岳道路を走ると然別湖に出ます。





 狐が道路を横切って来たのでカメラに収めました。



帯広東急イン

 帯広市の人口は約17万で、札幌市の1割弱です。



      
7日目 帯広から襟裳岬へ


 幸福駅から池田ワイン城を見学し、今夜の宿泊地、襟裳岬に向いました。
 襟裳岬では、風の館で、強い風の体験もしてみました。


  帯広一帯はいわゆる十勝平野で、耕地1枚当たりのサイズは日本最大で、大平原が広がっています。畑の面積は日本全体の1割を占めています。
 大豆や小麦が主体ですが、冬を越すための牧草が綺麗に巻かれていました。北海道らしい風景です。
 なお、冬は雪で覆われ、農家は夏だけが勝負となります。品質により売値が大幅に変わるからです。



幸福駅

 廃線になってしまいましたが、駅舎だけは残されていました。

 



池田ワイン城

 北海道はワインでも有名です。訪ねてみました。



お花畑

 海岸通りを走っているとお花畑と草原が続くので散策してみました。

 

 

黄金道路

 道路の建設に大変なお金がかかったようです。




百人浜




襟裳岬近くの海岸




風の館

 風の強さを体験できる部屋が造られていました。
 



襟裳岬

 何もないところです。と歌に詠まれより有名になりました。
 

 ホテルはえりも観光ホテルです。


        
8日目 襟裳岬から富良野へ

 今日は富良野まで戻り、主に美瑛町のお花畑の見学です。


 ホテルからの眺めです。漁村のようです。



 富良野に到着です。



原始の泉

 野草が綺麗だったので立ち寄ってみました。かなり高い丘のなかにあります。



 富良野の町に向かって真っすぐな道が伸びています。さすが北海道です。



ぜぶるの丘

 道路わきにある無料のフラワーパークで、北海道に来た時にはだいたい寄っています。今が一番美しい時期です。

 今夜の宿中富良野町にあるペンション歩です。時にはペンションも良い味があります。



    
9日目 富良野から旭川空港へ行き、羽田経由自宅へ

 ペンション歩から旭川空港までは約40kmです。
 途中、昨日散策した美瑛の丘を通ります。


ペンション歩


 昨夜泊まった宿で、田んぼの中に作られていました。


 旭川空港へ向かい、車を返し、羽田経由で無事自宅に戻りました。





次の旅日記に移る(国内編)


旅日記の表紙に戻る