カナディアンロッキー ドライブの旅 10日間

2005年10月7日〜10月16日
 
大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック
 全画面でご覧ください。1枚目から2枚目に移る際、時間のかかることがあります。ただし、2枚目からは軽快に移動します。



 バンフとジャスパーは過去に2回ほど行った事があります。その素晴らしさに魅かれ、もう一度行きたくなり、秋の紅葉の時期を選んで行って見ました。ただ、紅葉には少し遅く、帰りの頃は、雪が降ってきました。でも、その素晴らしい景色に満足の8日間でした。その時のルートを左に示します。


1日目   成田からカルガリーへ        カルガリー泊
2日目   カルガリーからジャスパーへ    ジャスパー泊
3日目   ジャスパー周辺ドライブ       ジャスパー泊
4日目   ジャスパーからカムループスへ   カムループス泊
5日目   カムループス周辺ドライブ      カムループス泊

6日目   カムループスからバンフへ     バンフ泊
7日目   バンフ周辺ドライブ          バンフ泊
8日目   バンフからカルガリーへ       カルガリー泊
9日目   カルガリーから成田へ
  

       

1日目 成田からカルガリーへ

 成田からバンクーバーを経由し、カリガリーに到着です。
 カルガリー空港で車を借り、市内のホテルに到着後、市内を散策しました。とても美しい町です。
 中華街があったので、そこで夕食をとりました。


 借りた車は ボルボのバンタイプでした。ボルボは初めてですが、すごく軽く動き、エンジンのパワーがかなり効率よく車軸につながっている感じを受けました。

       

2日目 カルガリーからジャスパーまでドライブ
 


 今日はカルガリーからジャスパーまで、丸一日のドライブです。朝、早くホテルをたち、途中、レークルイーズと、氷河に立ち寄りました。そこで、氷河遊覧用の特別バスにも乗って見ました。 
 バンフのホテルは何処も満室で、結局、町からちょっとはずれた公園の中にある、この地では一番高価なホテルに泊まることになりました。確かに、素晴らしいホテルでした。



 カルガリーを出発すると、どんどんと迫り来るカナデアンロッキーの姿に圧倒されます。そそり立つ岩山が周りの景観と調和して、独特な風景を造り出しています。



レイクルイーズ
   
 以前ドライブした時も寄ったことのある湖で、もう一度立ち寄って見ました。



アサバスカ氷河

 車を停め、バス乗り場の方へ歩いてゆくと、目前にアサバスカ湖とアサバスカ氷河が見えてきました。
 この氷河は6つあるコロンビア氷河の一つだそうです。



バス乗車券売り場

 バスの受付に行くと、ちょうど出発間際のバスが停車しており、その上、二人分の空席があるとの事、ラッキーでした。
 なぜか、一番前の席が空いておりました。



 途中にバスの駐車場があり、ここで雪上車に乗り換えます。氷河の上で停車し、約30分ぐらいの見学時間が設定されていました。
 この雪上車は、夏の数か月間だけ運行されるそうです。



 再び、ジャスパーに向けてドライブです。



ホテルに到着
 
 とても広い敷地の中に、幾つもの山小屋風のホテルが作られていました。レストランは非常に広く、観光客で一杯でした。バンドの生演奏もされていました。

       

3日目 ジャスパー周辺ドライブ 
 
 1日掛けて、ジャスパー周辺をドライブしてみました。公園が整備されていて、いろいろなハイキングコースがあり、適当に歩いてみました。



 ホテル周辺を歩いてみました。



 ジャスパー周辺のドライブに出かけました。



 さっそく、ドールシープが現れました。



 トレイルが整備されていたので歩いてみました。日本にはあまりないような、狭い渓谷でした。



メディスン湖
 
 美しい湖が現れました。夏になると、湖の深さは20mになりますが、10月から来春まで、水が消えてしまうそうです。湖の透明度は非常に悪く、底は見えないそうです。



 湖の周辺をドライブしてみました。



 ドライブしてゆくとさらに山奥にマリン湖が現れました。



 美しい風景が続きます。走っている車はほとんどありませんでした。



 ジャスパーの町の近くにある由緒ある川のようです。



ジャスパー市街

 町の中を歩いてみました。とても小さな町ですが、空室ありの看板を掛けたモーテルがたくさんありました。
 夏休み期間は満室になるのでしょうが、今はだいぶ空いているようです。ただし、インターネットでは残念ながら見つけられませんでした。

    

4日目 ジャスパーからカムループスへ
 
 ジャスパーから単純にバンフへ戻るのもつまらないので、ルートが丁度三角形になるカムループスを選び、行って見ました。砂漠の中にある美しい町でした。

  

 カムループスに向けて、ドライブ開始です。


 途中、休憩所があったので停まってみました。
 細長く大きな湖があり、驚いたことに、その両側に、ものすごく長く連結された貨物列車が走っていました。
 カナダには数100kmも続く細長い湖が多いので、時には湖の両側に必要となるようです。



 さらに美しい風景が続きます。



 南下するに従って紅葉が美しくなってきました。



 ビジターセンターがあり、立ち寄ってみました。カナダをドライブしていると、数100kmぐらい、ガソリンスタンドなどのトイレ休憩所がなく、不便を感ずることがあります。
 ガソリンの残量を常にチェックしておく必要があります。



カムループスのホテルに到着
 
  ホテルはインタネットを使用し前もって予約をしておきました。
 チェックインのときの会話です。
 Are you Mr. Inada ?
 Yes, I am, but why do you know my name?
 You are the only one guest, today.
 Oh, really !
 ビックリしました。食堂も大きく、美しいホテルでしたが、がらがらで、申し訳けの無い感じでした。その分、待遇は抜群でした。



            
5日目 カムループス周辺ドライブ 

 カムループス周辺のワイナリーを見学しました。



 出発して間もなくするとゴルフ場があったので、ちょっとトイレを借りました。


 とりあえず、朝決めたルートでのドライブです。何が現れるか、全くわかりませんが、楽しいドライブです。

 

 ワイナリーの看板が出ていたので、立ち寄ってみました。驚くほどよく整備されたワイナリーでした。
 このようなワイナリーがたくさんあるようです。

 

 来た時とは別なルートでホテルに向かいました。数時間走っても、何もありませんが、美しい風景が続きます。



夕闇せまるカムループス

 夕方、ホテルに到着後、近くの公園に出かけました。町全体を見下ろせる所にあり、夕闇迫る砂漠の町は静かでした。



       
6日目 カムループスからバンフへ 


 カムループスからバンフへ。途中、再びレークルイーズを通り、美しく輝く湖の周辺をゆっくりと散策いたしました。




 鉄道の建設記念碑が作られていました。ちょっと立ち寄ってみました。



 レイクルイーズに向けてドライブです。
 途中、グレーシャー国立公園の峠を越えました。



ゴールデン

 レイクルイーズの近くにある美しい町です。すぐそばをコロンビア川が流れています。
 この町は、かって、コロンビア川への舟積み基地として栄えてきましたが、CPR鉄道の開通に伴い、その役割はおわりました。しかし、交通の要所として、その後も栄え続けています。



レークルイーズ
 
 今回は時間があったので、湖の奥の方まで歩いてみました。



 バンフのホテルに到着です。


        
7日目 バンフ周辺のドライブ
 
 バンフの街とその周辺をドライブしました。
 この景色を見たら、誰しもカナデアンロッキーの素晴らしさに魅了されてしまうでしょう。
 ホテルの部屋からの風景です。だんだんと明るくなってきました。



 さっそく、バンフの観光です。後ろ側はバンフの中心街です。



 ボウ川です。バンフ市街の近くを流れています。マリリンモンロー主演の帰らざる河に出てくる川だそうです。 
 Spray川はBow川の支流で、この橋を渡ると、ゴルフ場がありました。



 バンフ周辺です。 


 再び、バンフの町の戻り、街中を歩いてみました。巨泉の土産屋もありました。



 先ほどドライブしたとは反対の方向のドライブです。



 まさに、驚きの風景です。



 再び、バンフの町に戻りました。



       
8日目 バンフからカルガリーへ 

 ホテルからは雪をかぶったカナディアンロッキーが見えます。
 いよいよ、今日は帰国のためバンフからカルガリーへ向かいます。
 途中、整備されたハイキングロードがいろいろとあったので、適当にハイキングなどをして、再びカルガリーへ戻りました。
 


 今朝も、部屋の窓から、明るくなりつつあるロッキー山脈の美しさを眺めていました。



バンフ鉄道駅

 町を去る前に、バンフの駅に立ち寄ってみました。
 日本の駅とは異なり、広い駐車場はひっそりとしており、駅舎にはだれも居ませんでした。
 カナダも典型的な自動車社会のようです。



 途中、鹿の群れに出会いました。

  

 トレイルがあったので、歩いてみました。この辺りは、かなり深くまで削り込まれた渓谷が多いようです。



 天気が急変し、雪が降ってきました。
 借りた車のタイヤが冬用かどうか、心配になりました。

 

 「自然の橋」という看板があったので、歩いてみました。確かに、岩を伝わって、反対岸まで行くことが出来ました。



エメラルド湖

 湖の周辺を散策しました。



 途中、幾つかのちょっとした町を横切ります。



カルガリー
 
 カルガリーが見えて来ました。無事にカナダの秋を堪能し、戻ってきました。



       
9日目 カナダから帰国
 

 ドライブした距離は 2,833kmで、レンタカーの費用は約10万円でした。
 高速道路は全て無料でした。カナデアンロッキーとカナダの紅葉を満喫した8日間でした。
 成田へ向かう途中、バンクーバーで飛行機の乗り換えのため、一休みし、パソコンを充電しました。