京都、奈良の紅葉観光5日間
2005年11月23〜27日

 日本の紅葉の美しさは世界一とも言われますが、アメリカのニュージャージーやボストン、カナダ、北欧などの紅葉を見ると、その国独特の紅葉の美しさがあります。
 それらの中でも、桜を愛し、モミジを愛し、お寺やお城に植えられた桜やモミジは、日本独特のものがあります。長い歴史を誇る京都、奈良のモミジは、多くの人によって保たれ、その独特な美しさを放ちます。
 今回は紅葉の時期を選んで、京都、奈良などをドライブ観光してきました。

大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック

観光内容
1日目 自宅から琵琶湖畔へ、広徳寺、名阪大池寺、永源寺など
2日目 琵琶湖畔から比叡山観光。鶏足寺、向源寺、延暦寺など
3日目 京都。光明寺、法輪寺、渡月橋と嵐山、実相院、三千院など
4日目 奈良。正暦寺、信貴山朝護孫子寺、吉野山、かつらぎ高原など
5日目 法隆寺に参拝し、その後帰宅



      
1日目 自宅から琵琶湖畔へ

 自宅を朝早く出て、今日は滋賀県の紅葉見学です。
 名古屋から新名阪高速道路を通り、甲南IC下車です。



広徳寺(庚申山、滋賀県甲賀市水口町)

 インターネットで調べると、標高407mにある広徳寺は、紅葉の名所であると書かれているので、行ってみました。
 すれ違い困難なほどの狭い道を登って行くと、小さな駐車場がありました。展望台なども作られています。
 紅葉にはまだすこし早いようです。お寺にはひっそりとしていました。
 



名坂大池寺(滋賀県伊賀市水口町)

 このお寺も、紅葉の名所とのこと、訪れてみました。奈良時代に作られたお寺で、枯山水庭園がみごとでした。
 



永源寺(滋賀県東近江市)

 臨済宗永源寺派の大本山として知られ、紅葉の名所として親しまれています。
 このお寺は南北朝時代の1361年に、時の近江守護職が領内の土地を寄進し、伽藍を創建したことに始まりました。ちょうど紅葉の時期で、車が渋滞して動かないので、遠くの駐車場に停め、歩いて行きました。大変な人出でした。



      
2日目 琵琶湖畔から比叡山観光
 
 琵琶湖周辺の紅葉やお寺の見学です。
 最後は比叡山延暦寺の紅葉見学でした。
 琵琶湖東岸にはたくさんのお寺、国宝があります。
 信長、秀吉など、歴史ある場所でもあります。



琵琶湖、つづら尾崎展望台

 琵琶湖北端の奥琵琶湖パークウェーの入り口近くに展望台があり、登ってみました。紅葉が真っ盛りでした。



鶏足寺

 長浜市の近くにあるお寺で、紅葉が有名とのこと、立ち寄ってみました。己高閣や世代閣など、仏像館は、まだ開いていませんでした。



渡岸寺観音堂(向源寺)

 国宝、十一面間ので知られたお寺で、立ち寄ってみました。十一面観音像は、ひっそりとした建て屋の中に置かれています。
 この十一面観音立像は、ヒノキの一木造りで9世紀中頃に作られ、高さは194cmもあるそうです。



比叡山延暦寺

 比叡山延暦寺は、標高848mの比叡山全域を境内としてる、非常に広いお寺です。
 日本天台宗の本山寺院になっています。紅葉が真っ盛りで、たくさんの観光バスが来ていました。
 総本堂根本中堂(国宝)、釈迦堂、横川中堂、浄土院、阿弥陀堂など、主だった所を歩いてみました。

 家内が一句作りました。「麦秋や禅の寺にて耳鳴りす


 比叡山から見た紅葉風景です。  



      
3日目 京都、紅葉のお寺巡り廻り
  
 光明寺から京都の紅葉見学です。
 数えられないほど何回も京都に来ていますが、紅葉見学を目的に来たのは初めてでした。



光明寺

 モミジで有名なお寺です。朝早くに行ったのですが、カメラを手にした人がすでにたくさんおりました。紅葉以外の時期は静かだそうです。



法輪寺

 渡月橋のすぐ近くにあるお寺です。このお寺に車を駐車し、その後、渡月橋の方に歩いて行きました。



渡月橋と嵐山

 京都の紅葉の名所の一つに嵐山があります。紅葉を求めて、たくさんの人で賑わっていました。



実相院

 このお寺も紅葉で有名です。江戸時代、徳川家光により再建され、幕末には岩倉具視も、一時、ここに住んでいたそうです。



三千院

 京都大原の里にあり、天台宗の寺院です。阿弥陀三尊坐像が国宝に指定されています。楓が夕日に輝いていました。たくさんの人で賑わっていました。



      
4日目 奈良、紅葉のお寺巡り

  
 正歴寺から、紅葉見学です。
 今夜の宿は葛城高原ロッジでした。



正暦寺

 比較的山間にあるお寺で、紅葉の名所といわれています。朝早いこともあって、まだ人はほとんどいませんでした。お寺に続く道は山の中の非常に狭い道なので、見学を終って帰る頃は、大渋滞でした。早く来て助かりました。



信貴山朝護孫子寺

 信貴山は毘沙門天王が日本で最初に出現した霊地で、このお寺は毘沙門天王の総本山になっています。
 1610年、豊臣秀頼の祈願所として再建され、現在の姿になりましたが、昭和26年、漏電により本堂が消失し、昭和33年に再建されています。国宝信貴山縁起絵巻が有名です。霊宝館で見ることが出来ました。



吉野山

 ホテルに行くにはまだすこす早いので、吉野の山を登ってみました。驚くほど狭い道を通ります。
 お庭で有名な竹林院を見学してみました。遠くに金峯山寺が見えます。やはり吉野は紅葉よりは桜なのでしょう。



かつらぎ高原ロッジ

 紅葉を見るには、山の上にあるホテルが良かろうと思い、かつらぎ高原ロッジにしました。車をロープウエー駅の駐車場に停め、ロープウエーを使ってロッジに行きます。


     
5日目 法隆寺に参拝し、その後、帰宅
  
 再びケーブルカーに乗り、山を下りました。奈良の山も今が紅葉の真っ盛りでした。



法隆寺

 奈良に行ったら、興福寺や法隆寺は出来るだけ都合を付けて行っていますが、今回は法隆寺に立ち寄りました。
 法隆寺に来たら、五重塔を見ながら境内の周りを歩き、その後、百済観音や中宮寺の弥勒菩薩さまを拝観するのが楽しみです。
 今回も何時ものように、廻ってみました。世界一素晴らしいお寺です。付け加える言葉もありません。



帰宅

 自宅到着は夜遅くなりました。今年も紅葉を堪能できました。





次の旅日記に移る(国内編)


旅日記の表紙に戻る