群馬県の藤、つつじ、牡丹、芝桜

2009年4月27日
  
 数日前まで、弘前城の桜を計画していたのですが、どうも天候が悪そうなので中止し、朝のニュースで紹介された群馬の花を見て来ました。
 まずは足利フラワーパークを訪ね、次には、館林のつつじが丘公園、桐生市の龍真寺 ぼたん園、最後に箕郷町の里見の芝桜でした。


大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック
 全画面にしてご覧ください。1枚目から2枚目に移る際、時間のかかることがあります。
 ただし、2枚目からは軽快に動きます。


足利フラワーパーク

 藤で有名なフラワーパークですが、今が見ごろとのこと、行って見ました。朝、7時から開園とのこと、7時15分に入園しましたが、もう、結構混んでいました。白藤はまだ花芽の状態でしたが、紫藤は満開に近い状態でした。
 花の芸術と称していますが、まさに驚きのフラワーパークでした。



館林 つつじが岡公園

 まさに満開でした。非常に広いのにもかかわらず、つつじの中の小路は、人でいっぱいでした。ツアーバスで来ている中高年の人たちがほとんどでした。



龍真寺 ぼたん園 桐生市新里町新川

 小さなお寺で、駐車場には私たちの車が1台、停まっているだけでしたが、時々、観光バスが来て、その時は観光客でお庭が一杯になりました。今がまさに旬でした。



みさとの芝桜 群馬県群馬郡箕郷町

 芝の数は26万株だそうです。まだ、満開にはなっていませんでしたが、十分堪能できました。



次の旅日記に移る(国内編)


旅日記の表紙に戻る