紅葉ドライブ 奥只見湖、桧枝岐、那須

2010年10月13日〜14日

 テレビのニュースでたびたび紅葉情報が伝えられ、天気の良い日を選んで栃木県の那須のホテルを予約しました。ところが、いざ出発となると、栃木県と群馬県は雨模様です。新潟の方は天気が良さそうなので、少し遠周りになりますが、関越道で小出ICから奥只見湖に行き、そこから福島県の桧枝岐経由で那須に行くことにしました。そのため、自宅を朝の5時半に出発しました。那須の温泉に到着したのは4時半ごろでした。


大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック
   
 全画面にしてご覧ください。1枚目から2枚目に移る際、時間のかかることがあります。
 ただし、2枚目からは軽快に動きます。




1日目 自宅から那須の温泉へ


枝折峠

 奥只見湖へは明神トンネルをくぐると簡単に行けますが、今日は紅葉を見に来たので、枝折峠を通ってみました。狭い一車線の山岳道路でしたが、途中、出あった車は数台でした。まだ、紅葉には2週間ほど早かったようです。



奥只見湖

 銀山平から、トンネルに入り、奥只見湖まで行ってみました。紅葉にはまだ早く、駐車場はがらがらでしたが、紅葉の季節は駐車場に入れず、かなりの渋滞が発生するそうです。



 奥只見から那須へ向かう途中、尾瀬の燧岳のすそ野へと標高を上げて行きます。 



桧枝岐

 尾瀬、沼山峠に行く尾瀬御池ロッジに近付くとまさに紅葉まほろばでした。驚きの美しさでした。



2日目 那須、茶臼岳を登り、自宅まで帰る

 今日も天気はあまり良くなさそうです。ただ、午前中は持ちそうです。とりあえず、ロープウェイに乗り、茶臼岳に登ることにしました。ロープウェーは朝8時半から動くそうで、早めに宿を出発しました。でも、ロープウェイに一番近い駐車場はすでに一杯でした。


 ロープウェイ頂上駅から茶臼岳までは約50分だそうです。しばらくすると霧が出てきて、頂上まで10分ぐらいの所で周りが良く見えなくなってしまいました。これ以上登っても意味がないので下山しました。


 ケーブルカーからの眺めです。残念ながら晴れ間はほんの少ししかありませんでした。
 車に戻ると、駐車場に入ろうとする車の列が数百メートルもつながっていました。朝早く来て正解でした。駐車場から出ようとする車はまだほとんどありませんでしたから、これからロープウェイに乗るには、どのぐらい待つのか想像もつきません。平日なのにこの様に混雑しているのですから、土日はマヒ状態でしょう。



沼原湿原

 那須の沼原湿原に足を伸ばしました。たまたま、湿原の半分近くは工事中で通行止めでした。
 残念ながら曇っていて、紅葉の美しさが半減です。


 これから奥日光を廻ってから家に帰る予定でしたが、天候が悪いので、あきらめてまっすぐ家に帰りました。





次の旅日記に移る(国内編)

旅日記の表紙に戻る