奥鬼怒、湯西川温泉一泊 紅葉観光
1012年10月30日〜31日

 奥日光は今が紅葉の盛りとのニュースを聞き、早速出かけてきました。宿泊は奥鬼怒の湯西川温泉にしました。

大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック
   
 全画面にしてご覧ください。1枚目から2枚目に移る際、時間のかかることがあります。
 ただし、2枚目からは軽快に動きます。


1日目

 東北道の西那須野高原ICでおり、湯の香ラインを通り、紅葉で有名な日塩モミジラインを通り、龍王峡に向かいました。途中、紅葉真っ盛りでした。


 日塩モミジラインの中ほどに休憩所がありました。


 五十里湖周辺です。宿のチェックインには少し早いので、湖の周囲を回ってみました。
 家内が一句作りました。「秋草やゆれ苫屋の見え隠れ



 五十里湖から湯西川温泉に向かいます。
 昔はひどい道路でしたが、驚くほどよく整備されていました。めったに利用する人もいない山奥の温泉なのに、まさに高速道路並みの整備でした。
 道路行政も、かなりちぐはぐなところがあるようです。すこしお金を掛け過ぎだと、ここを通る人は誰もが感じると思います。


 温泉町の入り口ですが、新しい家並みが続いていました。ここに住む人は、皆さん、裕福なようです。
 栃木県生まれの私は、小学校の時、奥鬼怒は栃木県の中でもっとも人里離れた山村だと習った記憶があります。
 今は驚くほど立派な道路で結ばれています。




2日目

 朝起きると、完全な晴天で、今日は最高の紅葉日和になりそうです。
 朝食を早めにとり、冬は雪で通行止めになる249号線を通り、ぐるっと回って、山道を通りながら黒部ダム(川治湯元近くの小さなダム)に向かいました。



 土呂部ダムです。発電所が付いているそうです。



 川俣温泉に向かいました。

 約2か月前、自宅の駐車場に止めておいた愛車、ハリアーが盗難にあい、1ヶ月経っても出てきませんでした。車には家内と私のゴルフバックも入れておいたので、それも盗られてしまいました。
 現在、トヨタハリアーは生産中止となってしまっているので、その後継車のレクサスハイブリッドRX450Hを購入しました。
 今回のドライブはその初ドライブでもありました。


 川俣温泉から山岳道路を登り、奥日光の光徳牧場に向かいました。
途中、中禅寺湖がだいぶ下に見えます。
紅葉の中、白く輝く白樺が山肌を覆っていました。


 戦場ヶ原に到着すると、残念ながら雲が厚くなりだしてしまいました。
 戦場ヶ原の草紅葉はほぼ終わっていました。
 紅葉観光は曇りが大敵です。そろそろ観光を切り上げ自宅に戻りました。




次の旅日記に移る(国内編)

旅日記の表紙に戻る