久しぶりの日光東照宮

2014年7月22日~23日
 
 家内は三姉妹の末っ子なのですが、三人そろってどこか温泉に行く計画を立てたようです。
 家内が私に同行するようにと勧めたので行くことにしました。すると長女の夫も行くことになり、都合5名でのドライブとなりました。
 涼しくてあまり遠くない所ということで、鬼怒川温泉にしました。
 なお、2番目の姉は、ずっと北海道の名寄に住んでいたので、日光や鬼怒川は初めてでした。


大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック
   
 全画面にしてご覧ください。1枚目から2枚目に移る際、時間のかかることがあります。
 ただし、2枚目からは軽快に動きます。



1日目 日光観光後鬼怒川温泉へ

湯滝

 日光の戦場ヶ原のさらにその奥に湯滝があり、行ってみました。

  

華厳の滝

 日光には数十回来ていますが、エレベーターに乗り滝底まで行ったのは久しぶりでした。




東照宮


 何時も通り過ぎてしまう東照宮ですが、久しぶりに立ち寄ってみました。
 東照とは江戸城の東を照らすことを意味して、この道の真っ直ぐ先は、江戸城を指しています。(実際は江戸城の真っ直ぐ北に位置しています)。

 陽明門は修理中で布に覆われていました。完成まで6年もかかるのだそうです。

 
 鳴龍の中は写真禁止でした。

 この道の真っ直ぐ先は江戸城を指していると言われていますが、地図を詳細に調べてみると、わずかですがずれています。
 しかし、東照宮が江戸時代の初期に作られたことを考えると、かなり正確だったとも考えられます。



 鬼怒川の温泉、ホテルパークズに到着です。



2日目 竜神峡と江戸村見学


 ホテルの中と、部屋からの眺めです。



龍王峡

 近くにある龍王峡に行ってみました。



日光江戸村

 ホテルの近くにあったので入ってみました。
 今日は水曜日で本来なら休みなのですが、子供の夏休み中は開いているそうです。
 子供たちが観光バスでたくさん来ていました。

 
 中には色々なアトラクションがあり、けっこう長い時間楽しめます。


 その後、適当に昼食取り、自宅に戻りました。





次の旅日記に移る(国内編)


旅日記の表紙に戻る