国立歴史民俗博物館の桜と近隣でのゴルフ

 2016年4月


大画面スライドショー(文章なし) はここをクリック
   
 全画面にしてご覧ください。1枚目から2枚目に移る際、時間のかかることがあります。
 ただし、2枚目からは軽快に動きます。




4月9日(土曜日) 国立歴史民俗博物館(佐倉市)  

 今日は天気も良く、先週、猿回しを見た博物館にもう一度桜を見に出かけました。家から車で10分ぐらいの所にあります。
 完全に満開で、花吹雪も見られました。お茶を一服楽しみました。歩いていて、浦島草を見つけました。




 家の庭のかえでの新芽が真っ赤なので、カメラに収めました。



2週間前の歴博と自宅の庭

 散歩がてら3月25日にも歴博に行っていたので追加しました。ソメイヨシノはまだでしたが、彼岸桜などいろいろな桜が咲いていました。
 隣接する植物苑にも入ってみました。入苑料は一人100円で、年間いつでも楽しめます。花ままだあまり咲いていませんでした。
 自宅の庭のかえではまだ芽を出していませんでした。


暮らしの植物苑



 自宅の庭ですが、まだかえでは芽を出していませんでした。




4月11日(月) 総武カントリークラブ総武コース  

 今年の桜は開花が早かったものの、途中、わりと寒い日が続き、まだ、見ごろなので、ゴルフに行く時、カメラを持参しました。
 今回は中コースト北コースを回りました。スタートは8時15分で、霧雨状態でしたが、後半は晴天になり桜を楽しめました。
 昨年の3月31日に行ったとき満開だったしだれ桜はすでに散ってしまっていましたが、ソメイヨシノはほぼ満開でした。
 なお、今日は、家内と二人だけのプレーになり、前の組は4名、後ろの組も4名のため、桜を撮る時間がたっぷりあり、ゆっくりと撮影を楽しめました


中コース

 スタートしたときは霧雨でしたが、すぐにやみ、曇りの中でのプレーでした。

 レストランから見た桜です。まだ、若い桜です。



西コース

 晴れ間が見えてきました。

 駐車場の垣根です。ここも満開でした。




4月18日(月) 袖ケ浦カントリークラブ袖ケ浦コース

 桜がそろそろ終わり、新緑が輝きだし、一年でも一番気持ちの良い時期になり、今日もカメラを持参しました。
 芝が芽を出しコース全体が緑で覆われますが、まだ芝の芽は伸び始めたばかりでボールを支えるほどの力はなく、ボールを打ちやすくなるまでには後1か月ほど必要です。
 今日は、月曜日のせいもあって大変空いており二人だけのプレーになりました。
 ソメイヨシノはすっかり散ってしまいましたが、八重桜が満開でした。また、山桜も少し残っていました。
 ウグイスが鳴き声を競い合っていました。





次の旅日記に移る(国内編)

旅日記の表紙に戻る